2014年04月10日

レスキュー艇、エンジン載せ替え

マリーナのレスキュー艇のエンジンを載せ替える事になりました。

IMGP1989m.jpg

今までは、スズキのDF175の1基掛けでしたが、今度は、新型の
DF60AVを2基掛けにします。

このDF60AVは、60馬力でありながら、ロアーユニットが140馬力用の
サイズにアップされ、推進力がアップしています。
レスキュー艇では、強い推進力が必要となりますので、まさに打って付けです。

ということで早速、載せ替えしました。
以前のエンジンを下ろして、新しいエンジンのセッティング位置を決めます。

IMGP1975m.jpg

ツインエンジンにする場合、エンジンの間隔や、トランサムの高さなど慎重に
計算してから、取り付け穴を開けていきます。

IMGP1988m.jpg

無事に、エンジンが2つ載りました。

昨日、試運転をしましたが、MAXで27ノットぐらい。
以前の175馬力よりは、総馬力は少なくなるので、トップスピードは落ちますが、
低速でのトルクは、かなり良さそうです。

これで、マリーナのレスキューは万全です、、、!

でも、レスキュー艇は活躍しないで済むのが一番です。
みなさんも、日頃からメンテナンスは欠かさない様にして下さいね!



posted by キャプテンK at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 作業報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。